鳥獣戯画であの人に会いに行こう

昨日、鳥獣戯画の写真を撮ってきました。

名称未設定 1のコピー.jpg

IMG_1805.jpg

画像 588.jpg

3色。

個人的に、この鳥獣戯画って、

よく、雑誌のJJとかに載ってる

”今日は、彼のお家にご招待されました。

彼のママに気に入ってもらえるかしら?”

的な、きものとしか思えないんだけど。

”手土産は、これでよかったかしら?”とか、

色々、彼ママに対してのキャッチコピーを言いながら、

『気に入ってもらえるんちゃうん!』とかって、

独身スタッフ2人と、

キャーキャー言いながら、盛り上がった一日になりました。

バタフライと千鳥

右肩上りの写真の話を書きます。

風香のきものの立ち上げに大きな力を貸してくれた人がいます。

それは、居内商店の居内さんと、彼が紹介して下さったW君。

W君には、本当に色んなことを教わり、与えてもらいました。

今の風香は、そのW君から受け継いだものを

その当時からいてくれるスタッフが大切にして、

それを浸透させてくれたから存在する

といっても過言ではないと思っています。

今回のHappy2008は、何か、初心に返ることを考えていたら、

W君のことを思い出しました。

彼が大切にしていたことは、”右肩上り”の写真。

『商品写真は、魂を込めて撮らないとお客さんに響かないから、

魂を込めて撮るようにしてください。

そして、右肩上りに置いて撮ってください』

「何で?」と聞き返したら、

『売り上げも右肩上りになるからですよ』

と照れ笑いして話てました。

売り上げは、後付けの話であって、

カメラを使うのが、上手い下手は関係ない。

自分の発信する商品を誰よりも愛し、

魂を込めて、写真を撮る。

これを徹底的に教えてくれた人でした。

当たり前のことですが、なかなか難しい。

けど、スタッフみんな魂を商品にのせて、

写真を撮ってくれてると思うのですが、

まだまだ、究めていきたいです。

自分の中で、

”上っていく、勢いがある”というキーワードで

蝶と千鳥を選定しました。


kzrn098aのコピー.jpg


kzrn097aのコピー.jpg

kzrn096aのコピー.jpg

特に押してるのは、バタフライのピンクです。

鳥獣戯画の新色ピンクもそうなのですが、

今年の風香は、”年齢を問わず愛されるピンク色きもの”を

たくさん発信していきたいと思っています。

ピンクに挑戦したことのない方も、ぜひお気に入りの柄が

見つかれば、お試しください。

プリズム『何色オーラ?』

”プリズム”は、

ノスタルジー企画で、昔の台帳から参考にしました。

ある意味、キラキラしたきものと、キラキラした自分。

自ら放つ、きらきらオーラが太陽を反射させるきもの。


kzrn094aのコピー.jpg

甘い光なら、ピンク色。

kzrn095aのコピー.jpg


優しい光なら、ラベンダー。

今日の気分は、何色オーラでしょうか?

『満月よ照らせ』と”フルムーン”の関係

今日は、happy8の”フルムーン”のことお話します。

私は、ビーズの大ファンです。

ビーズのことを書いたら、キリがないのでやめますが。

現在発売中のアルバムACTIONの4曲目。

一度機会があれば、聴いてみてください。

この曲を聴いて、

満月の表側と裏側ってのをテーマにしてつくりました。


kzrn092aのコピー.jpg


kzrn093aのコピー.jpg

満月を、人と仮定して、その表と裏側。

表から見た、表上みせている色(人の顔)と

裏側(内心)、みせてない色(人の顔)。

アンティークブルーは、飛び跳ねるような元気でもなく

だからといって、暗いとか、マイナスじゃない感じ。

静寂、心穏やか、平常心の色としての青み。

ベージュは、人にも光を与え、

照らしてあげれるくらい

今日は、私イケてますよ的な色。

例えば、

本当は、今日、内心(裏側)元気にして欲しいくらいの

平常心を保ってる。

だけど、

発する言葉や行動(表側)は、人に元気を与えるベージュ色。

本当は、内心(裏側)イケてるベージュ色だけど、

浮かれてたら駄目だし、表面上は、ブルーの平常心。

色んな意味の、

表と裏からみた満月の色を想像してみました。

スナック菓子

写真は、友達の子供が持って帰るのを、

忘れていったお菓子。

IMG_0856.jpg


私は、基本的にお菓子は、食べない。

あまり食べる習慣がなかった。

同じ兄弟でも、妹はお菓子をよく食べてる。

絶対、部屋にお菓子があった。

私の場合、昔から、お菓子でお腹を膨らすなら、

”ごはんと漬物”か、”ごはんとちりめんじゃこ”って感じだった。

結局これも、太るパターン。

例えば、ピザって本当は、大好きだけど、

たくさん食べたら太りそう!とかって思って

人が食べてるのを、ちょっとだけしか食べない。

だから、自分で注文したことがない。

けど、生ビールは、普通に罪悪感なく何杯も飲んでたりする。

自分勝手な”これは、太る””これは、まぁええやろ?”

という、暗示?か、思い込み。

お菓子も、私の中での”食べたら太る”に入る。

これも自分勝手な思い込みだ。

エンジェルフィッシュとカニ

こんばんわ、風香のコウヤです。

今日は、朝から染め屋さん巡り。


コウモリ小.jpg


当たり前の話ですが、染め屋さんの”人”、

それぞれの特徴があって、おもしろい。

モノマネ出来るくらいの特徴。

今日、ます見本が上がって、

それを熱く語る文山さん。

いつも聞いてて、『熱いな〜』って途中から話そっちのけで、

”この人、本間好きやなー”って思う。

(ちゃんと話も、聞いてますけど)

自分では、「僕は、職人肌やから口べたで不器用やし」

とかって言ったはるけど、

社長が営業行ったら、絶対売れるで!って思う。

何か、朝からまた熱いパワーもらえて良かったなぁ〜

とかって思いながら、2件目へ。

ここの社長も、昔の男前!(って言うたら怒られるけど)、

『昔の石田純一』って、たまに呼んでます。

すごい綺麗好きというか、(本人は、そんな事ないって言うけど)

整理整頓の神様!くらい、すごい人だと思う。

だから、仕事もきちっとしている。

私にとって”癒し”というか、

失礼やけど、からかったり出来るし、

思ったままのダジャレを言って、ストレス解消出来る人。

空気感がとても良い。

例えば、昨日から私は風邪気味で、喉がガラガラなんですけど

ここの社長には、

「大丈夫か?」って優しい気持ちで聞いてくれてるのに、

『ちょっと!心配するなら、風邪うつってくださいね!』って逆切れ風に

冗談でも言えるというか。

とても寛容な心の持ち主で、甘えさせてもらってます。


魚.小jpg.jpg





ここでは、”エンジェルフィッシュとカニ”の柄見て

奥さんが出してくれた、あったか〜いお茶飲んで

癒されてました。

パワーストーン

日曜日。京都は、雪化粧。

雪の中、rikako.さんが数珠を作りに来てくれました。

私が頼まれていた4人分。

ブログ用.jpg



それぞれ、今は何の天然石をつけたらいいのか

ある人にお願いして、みてもらってきたのですが、

それぞれ、石の色って違ってておもしろい。

私は、今ムーンストーンとミルキークォーツを組み合わせると良いと

言われ、それつけています。

こういうのは、信じる信じないという意味より

ただ、好きか嫌いか。

感覚!雰囲気だと思う。

去年の年末大掃除、昼ごはんのお弁当を

スタッフみんなで、囲みながら食べてる会話の中で、

私が、

『自分のラッキーナンバーの出し方教えて欲しい人!』

とかって、大声あげて言ったとき

男子スタッフは、しらけて、

『のりよさんって、本間、そういうの好きですよね?』

って言われたのを思い出した。

まぁ、それもよかろう。

『結局、同じもの』

IMG_1259.jpg


風香のコウヤです。

毎日、仕事中って何を飲んでますか?

水もお茶も飲んでますが、

それ以外。

私は、頂きもの?

もしかしたら、誰かが買ってきてくれてる?

コーヒーとリプトン紅茶。

これをストレートにしたり、

おいしい牛乳を入れたりして、

これを、ローテーションくるくる回して飲んでます。

今日も、結局同じもの。

セルジュ・アレクサンドル

風香のコウヤです。

先日、お世話になってる社長(Boss)から、

チョコレート頂きました。

ハートだ!

IMG_5446.JPG

IMG_5449.JPG


何か、テンション上がる!

テンション上がる色とか、カタチとかって大事ですね。

女子スタッフに幸せのお裾分けします♪

ありがとう!

Boss!

小龍包

こんにちわ、スタッフの五十川です。

羽織な思い出。
自分が衝撃を覚えたオモヒデ。

若干2・年しか生きてない自分の経験をつらつらと書かせて頂いておりまして、全く、うっとうしく、つまらない。

ネタももうない。
関西人なのにこんなにも面白くない人がいるのね。

なんてウソ。

今日も根拠のない自信に満ちあふれ、元気いっぱいです。
本日の京都は快晴でポッカポカです!


「羽織出すよ〜(出品するよ〜の意)」とHP担当の竹村に言われ、
ふと、ある女性を思いだし、書かずにはおれませんでした。

それは4、5年前、ムシムシと暑い梅雨の日でした。
とある着物のお店で衝撃的な出会い。
と自分が思っているだけで、実際は赤の他人を凝視する怪しい私。

自分の母ぐらいのお年でしょうか。
縞や大島をめっちゃくちゃ格好良く着こなせるような雰囲気の方でした。

でも、着ていたのがドットドットドット!!

着物も半襟も帯も草履も帯揚げも!大小、黒と白のドット!!
中でも一番私がカッコイイ!!と思ったのは、ドットの羽織でした。

ドットの着物にドットの羽織、
可愛い〜なんて言うレベルでなく、それはもう「粋」の領域でした。

着物だけでなく、仕草も、お化粧も、髪型も。

少しも無理してなくて、「毎日がこうなのよ。」って顔に書いてある!(実際は書いてない)

なんてカッコイイのだろう、なんて上品なのだろう。

ドットの着物を一生着られるような女性でありたい。

そんな私の気持ちが生んだドット羽織(そのままやん・・・)

沢山の人に沢山の着こなしで楽しんで頂けたらと思います。

黒はぴりっとクリームはふんわりと優しく着物を包みます。

だから題名は「小龍包」
 
お粗末様です。

近日発売!・・・なんて言ってるうちに竹村が出品するはずです。
急げっ!!!!!

>>

ページトップへ