風香通信No.002 「今宮神社のあぶり餅『かざりや』」

[今宮神社]

tsn002a.jpg京都の洛北にあります。私は神社について詳しくなかったのですが、今回、あぶり餅のお店「かざりや」さんの女将さんに尋ねるとシオリをいただいたので少し紹介します。
一条天皇の長保二年(1000)に、大国主命が祭神で、京都の町に疫病が流行したので、別にお宮を建て疫病よけを祈願したのが始まりだそうです。



-------------------------------------------------------

[あぶり餅]

tsn002b.jpgこれも私には、「おいしー!!」ということしか情報がないのでシオリからご紹介します。
花が散る頃に流行する疫病を封じようと氏子の人々の願いから今も長く伝わる「やすらい祭り」というお祭りがあって、参詣の人々は帰りに”あぶり餅”を食して疫病除けをするならわしとなって伝わっているそうです。ちなみにこのかざりやさん、約900年も続いているというから驚きです。


-------------------------------------------------------

[私とあぶり餅]

tsn002c.jpg初めて食べたのは子供の頃ですが、大学時代に1番よく食べていました。私は神戸の大学に通っていたので、大阪・神戸の友達が多くて、その子達が京都に来たときには必ず行っていました。何か、雰囲気がいいんですよ。”プチ京都観光”が出来るというか、その30分だけで観光地に来た気分になれるところだと思います。もちろん神社っていうのも雰囲気あるけど、その”あぶり餅”をお茶と一緒に食べるのが、雰囲気ありますよ!癒し系ですね。見た目は飾りっ気のない素朴な”焙ったお餅”に白味噌風味のタレがかかっているんですが、それがおいし〜んですよね、何か、なつかしい味です。1人前500円也。機会があればぜひ一度食べてみてください。おすすめです。
今回は「かざりや」さんに行きましたが、お向かいにもあぶり餅のお店があります。両方ともおいしいですよ!食べ比べてみるのもいいかもしれんませんね。


-------------------------------------------------------

[お問い合わせ先]

tsn002d.jpgかざりや
075(491)9402
定休日 毎週水曜

ページトップへ