New お仕立てきもの

【お仕立てきもの】


新柄を続々と染め出し中です♪

The dyeing process. (starts from a Japanese white fabric)


DSC04505.jpg



IMG_83.jpg

今回は、この濃い地ではなく、

今っぽく、やわらかいキレイめなパステル色で染めました。


The Japanese traditional kimono” tsujigahana” with beautiful patterns.
Now is dyeing the soft colors part.


IMG_74.jpg

IMG_78.jpg


IMG_71.jpg


そして、

これもボカシに水玉や七宝などの江戸小紋調の柄が使われた素敵な新柄です。

Picture of the pattern.


IMG_73.jpg



ここ数年、ボカシと柄をミックスさせたきものが人気です。

昔よりもグンと色んな技術が上がりボカシのキワが、

やわらかく、ほんのり綺麗でとても上品で美しい仕上がりだと思います。

If it is the first time you wear the washable kimono, we recommend this really beautiful and elegant kimono to you.


IMG_72.jpg


その他、企画中♪またご紹介させて頂きます。

We still have many other new fabrics with beautiful patterns.
Please look forward to it.



IMG_81.jpg


IMG_82.jpg


IMG_77.jpg



IMG_76.jpg




ポリエステル着物生地のぼかしの表現

仲良しの染屋さんの職人さんが、一枚の写真を送ってきてくれたので
ご紹介します。

ぼかしのサンプル生地。
写真は、4色のぼかしの各色の柄部分が、
緑は緑濃淡、ピンクはピンク濃淡、ベージュはベージュ濃淡に染め上っています。
サンプルは、色の違いが分かりやすいように染めてあります。

元のぼかしを染めた上に、新たに加工を施し、ほんわり色をおとしています。
ぼかしのグラデーション部分のぼけあし(ぼかしのキワ)が難しいので、
わざと2回に分けてジワっと、ぼけあしが広がるように染めています。

IMG_4291.jpg

ちょっとマニアックな話ですが、
こんなの洗える着物で見たことない!と思い、
びっくりして会社へ寄ったら、目を輝かせて詳しく説明してくれました。

彼は日々、色んな新たな技術に挑戦しています。
多分、通常業務のあとに残業して色々試行錯誤して完成して、
おお〜!っと、ビックリ&めちゃ感動したんだろうな、というのが分かります。

きっと、どこの業界もそうなのかもしれないのですが、
職人さんは、高齢化が進んで引き継ぐ人が減っているのが現状です。
彼は30代ですが、こんな若い職人がいるって宝やなって思いました。

ポリエステル着物の良さは、
「発色が綺麗。丈夫で長持ち、手入れも簡単。醤油もこぼしてOK!
すぐふき取って洗濯機でガンガン洗える!」と思っていますが、
着物だけにしてるのが勿体ないなと思いました。

IMG_4290.jpg

今回のサンプルをみて、
ポリエステル着物生地をコースターや、ランチョンマット、ポーチなど、
もっと身近に気軽に生活の中にあるアイテムに加工して、
もっと多くの人に発信して知ってもらえるようにしたいと、
こちらの士気も上がりました。

k5c-ostt-kmn0018c.jpg

ぜひぼかしシリーズの反物を見に来てください♪

12月5日本社にてファミリーセールを開催します。
詳細はまたお知らせ致します。

アンティーコ

今年のお仕立て生地シリーズの1つ、



アンティーコをご紹介します。


We are going to introduce one of our new kimono fabric making models-ANTICO!



33.jpg




この柄の型は、1点1点手で彫られています。



今では、




色々なことからこのお仕事をして下さる彫り師の方がいらっしゃらないので、



このような1点1点彫った、味わいのある繊細な柄を、



ポリエステル着物で作るのは、大変難しいようです。


This kimono fabric making model is with very detailed and delicate patterns and is all hand carved by our kimono master.
Printing this delicate patterns on the fabric of polyester is another challenge for us.



IMG_7268.jpg



この柄は、鮫小紋のような細やかな柄にも似せて、



無地感覚の江戸小紋として染めることも出来ますが、




少し華やか色に染め上げました。




風香企画として、




この着物を発信し作品として残したいと思います。

This kind of delicate patterns are like the patterns in Japanese Edo period.
We try to make the fabric dyed in one bright color to make it simple and show the patterns more.
Please support Fuuka’s latest and precious beautiful fabric making model ANTICO!



IMG_9606.jpg




お仕立てきもの

新着情報を、ブログの企画中でご紹介します。



洗えるきもの業界?では、やわらかい色合いの着物が人気です。



京都の染め屋さんも、




どんどん新しい柄をおこし、新しい技術を取り入れ、



新しいポリエステル和柄ちりめんが誕生しています。



また詳しくお伝えします。



IMG_5574.jpg



IMG_5583.jpg



IMG_5586.jpg



IMG_5587.jpg



IMG_5614.jpg




IMG_3539.jpg



IMG_3580.jpg



New!

美人の必須アイテムは、足元から♪



風香の新しい草履をご紹介します。

ナチュラルカラー*風香のやさしい草履

09-05-12_001.jpg


09-05-12_002.jpg


09-05-12_003.jpg


09-05-12_004.jpg


09-05-12_005.jpg


クリーム色の台にコンペイトウチョコは、しっくりきてます♪

刺繍の付下げ

今日は、企画中商品のお知らせです。

今月末?予定で、新色の色無地反物が

入荷します。

フォーマル企画のひとつとして、

色無地の刺繍付下げきものお仕立てを開始します。

こちらは、サンプル刺繍です。

sisyuIMG_2038.jpg

今まで、たくさんの作品を残されてきた

ベテランの職人さんとご縁があり

この企画を始めることが可能になりました。

ジャガード刺繍とは違う立体感のある仕上がりが

高級感のある表情を覗かせています。

刺繍の帯も進行中です。

お楽しみに〜♪

バタフライと千鳥

右肩上りの写真の話を書きます。

風香のきものの立ち上げに大きな力を貸してくれた人がいます。

それは、居内商店の居内さんと、彼が紹介して下さったW君。

W君には、本当に色んなことを教わり、与えてもらいました。

今の風香は、そのW君から受け継いだものを

その当時からいてくれるスタッフが大切にして、

それを浸透させてくれたから存在する

といっても過言ではないと思っています。

今回のHappy2008は、何か、初心に返ることを考えていたら、

W君のことを思い出しました。

彼が大切にしていたことは、”右肩上り”の写真。

『商品写真は、魂を込めて撮らないとお客さんに響かないから、

魂を込めて撮るようにしてください。

そして、右肩上りに置いて撮ってください』

「何で?」と聞き返したら、

『売り上げも右肩上りになるからですよ』

と照れ笑いして話てました。

売り上げは、後付けの話であって、

カメラを使うのが、上手い下手は関係ない。

自分の発信する商品を誰よりも愛し、

魂を込めて、写真を撮る。

これを徹底的に教えてくれた人でした。

当たり前のことですが、なかなか難しい。

けど、スタッフみんな魂を商品にのせて、

写真を撮ってくれてると思うのですが、

まだまだ、究めていきたいです。

自分の中で、

”上っていく、勢いがある”というキーワードで

蝶と千鳥を選定しました。


kzrn098aのコピー.jpg


kzrn097aのコピー.jpg

kzrn096aのコピー.jpg

特に押してるのは、バタフライのピンクです。

鳥獣戯画の新色ピンクもそうなのですが、

今年の風香は、”年齢を問わず愛されるピンク色きもの”を

たくさん発信していきたいと思っています。

ピンクに挑戦したことのない方も、ぜひお気に入りの柄が

見つかれば、お試しください。

プリズム『何色オーラ?』

”プリズム”は、

ノスタルジー企画で、昔の台帳から参考にしました。

ある意味、キラキラしたきものと、キラキラした自分。

自ら放つ、きらきらオーラが太陽を反射させるきもの。


kzrn094aのコピー.jpg

甘い光なら、ピンク色。

kzrn095aのコピー.jpg


優しい光なら、ラベンダー。

今日の気分は、何色オーラでしょうか?

『満月よ照らせ』と”フルムーン”の関係

今日は、happy8の”フルムーン”のことお話します。

私は、ビーズの大ファンです。

ビーズのことを書いたら、キリがないのでやめますが。

現在発売中のアルバムACTIONの4曲目。

一度機会があれば、聴いてみてください。

この曲を聴いて、

満月の表側と裏側ってのをテーマにしてつくりました。


kzrn092aのコピー.jpg


kzrn093aのコピー.jpg

満月を、人と仮定して、その表と裏側。

表から見た、表上みせている色(人の顔)と

裏側(内心)、みせてない色(人の顔)。

アンティークブルーは、飛び跳ねるような元気でもなく

だからといって、暗いとか、マイナスじゃない感じ。

静寂、心穏やか、平常心の色としての青み。

ベージュは、人にも光を与え、

照らしてあげれるくらい

今日は、私イケてますよ的な色。

例えば、

本当は、今日、内心(裏側)元気にして欲しいくらいの

平常心を保ってる。

だけど、

発する言葉や行動(表側)は、人に元気を与えるベージュ色。

本当は、内心(裏側)イケてるベージュ色だけど、

浮かれてたら駄目だし、表面上は、ブルーの平常心。

色んな意味の、

表と裏からみた満月の色を想像してみました。

エンジェルフィッシュとカニ

こんばんわ、風香のコウヤです。

今日は、朝から染め屋さん巡り。


コウモリ小.jpg


当たり前の話ですが、染め屋さんの”人”、

それぞれの特徴があって、おもしろい。

モノマネ出来るくらいの特徴。

今日、ます見本が上がって、

それを熱く語る文山さん。

いつも聞いてて、『熱いな〜』って途中から話そっちのけで、

”この人、本間好きやなー”って思う。

(ちゃんと話も、聞いてますけど)

自分では、「僕は、職人肌やから口べたで不器用やし」

とかって言ったはるけど、

社長が営業行ったら、絶対売れるで!って思う。

何か、朝からまた熱いパワーもらえて良かったなぁ〜

とかって思いながら、2件目へ。

ここの社長も、昔の男前!(って言うたら怒られるけど)、

『昔の石田純一』って、たまに呼んでます。

すごい綺麗好きというか、(本人は、そんな事ないって言うけど)

整理整頓の神様!くらい、すごい人だと思う。

だから、仕事もきちっとしている。

私にとって”癒し”というか、

失礼やけど、からかったり出来るし、

思ったままのダジャレを言って、ストレス解消出来る人。

空気感がとても良い。

例えば、昨日から私は風邪気味で、喉がガラガラなんですけど

ここの社長には、

「大丈夫か?」って優しい気持ちで聞いてくれてるのに、

『ちょっと!心配するなら、風邪うつってくださいね!』って逆切れ風に

冗談でも言えるというか。

とても寛容な心の持ち主で、甘えさせてもらってます。


魚.小jpg.jpg





ここでは、”エンジェルフィッシュとカニ”の柄見て

奥さんが出してくれた、あったか〜いお茶飲んで

癒されてました。

>>

ページトップへ