風香ニュース
最新のニュース
月別アーカイブ
その他
 サイト内検索
 

New 八寸名古屋帯(1)

新しい三紋体八寸名古屋帯のご紹介です。


11.jpg


弊社は今まで二紋体の名古屋帯を多数ご紹介してきましたが、

今回は、名古屋帯では初の三紋体です。


1.jpg

三紋体の中でも、

今回は、

それぞれ柄に合わせて、柄の織り組織を変えて、

また今までとは、少し違う帯になりました。

ポリエステル帯の現在の進化形、

「色んな織り組織ミックス」を、

ユーザーの方に楽しんで頂こうというのがコンセプトです。

帯をつくって頂いたメーカーさんに教えて頂いたお話しです。

織りの呼び方も、

この工場の人たちの呼び方でご紹介しますね。

写真は、新作アレンジ献上帯です。


この部分は「綾織り」と呼んでいます。


2.jpg


綾織りは、細かい繊細な柄に向いています。

この柄は、

カジュアル着物なポリエステル着物に合うように、

献上帯をモダンなイメージにアレンジしました。

柄の構成上、細かい部分も多いので、綾織りをメインにしています。

綾織りにすることによって、

地色も柄の色も綺麗にはっきりと出せるのが特徴です。

元々選んだ糸の色をパキっと出させながら、細かな点も表現しています。



3.jpg

こちらの部分は、「段織り」と呼んでいます。

横段の連続のように、

前に出たり、引っ込んだりさせることで、

この部分の横の柄の、
綾織を使うよりも、凹凸の強弱がつくのでわざと差別化させています。


左から右へと変化をつけました。


4.jpg



5.jpg


カラーバリエーション。

(まだ全色入荷していませんが、6色5柄あります)

8.jpg


7.jpg


着用イメージ。

15.jpg



続きまして、


6.jpg


こちらは、「杉綾織り」と呼んでいます。


12.jpg


13.jpg



綾織りに比べて、

凹凸をボコっとはっきり出るように、よりふっくらと出させています。


この織り方は、大きい柄に向いています。



10.jpg



また、地の部分。

14.jpg


亀甲柄と地の組織は、

方向(右上方向に向けて)、


織り方の方向を変えることで、


同じ地色でありながら、地紋がわざと際立つようにしています。


17.jpg


そして、

亀甲柄は、さらに横糸を出すことで、

地色とは少し色が違うように見えます。



一つ一つ、

細かいマニアックな話のようですが、

今回は、わざと色々細かく組織を変えてつくったので、

そういう視点で帯を見るのも楽しいかもしれません。

16.jpg


18.jpg


19.jpg


全国の小売店さまでも販売しています。


ぜひ、直接手に取ってご覧ください。


20.jpg


次回は、違う柄の帯をご紹介します。

21.jpg

ページトップへ